森本 健一
学長/幼児教育学科長/教授(理学博士)

諏訪清陵高校・東京教育大学大学院博士課程修了、理学博士。

【所属学協会】

  • 日本環境学会
  • 日本水環境学会 その他

【主な業績】

  • 超富栄養水域における植物プランクトン群集の動態に関する研究
  • 環境問題に対する若者1,300人の意識と行動
  • 短期大学教育功労者表彰受賞(平成22年)

【主な担当科目】

  • 地球環境論
  • 環境問題演習
  • 保育内容演習(環境)
  • 自然体験活動 ほか

浦野 八重子
教授

東京造形大学彫刻専攻卒業。
小・中・高と、美術大学で教職歴28年。「第二回現代日本具象彫刻展大賞」「チェルノブイリメモリアルアートコンペティション金賞」受賞。

【所属学協会】

  • 日本美術家連盟会員

【主な業績】

  • 第2回現代日本具象彫刻展にて大賞受賞
  • チェルノブイリメモリアルアートコンペティションにて金賞受賞ベラルーシ共和国大使館賞受賞(ベラルーシ共和国)
  • 第1回ユーモア陶彫展‘97 優秀賞受賞(岐阜県
  • 浦野八重子(生きる物達からのメッセージ)

【主な担当科目】

  • 造形の基礎
  • 保育内容演習(表現造形)
  • 造形と発達
  • 保育実践演習 ほか

赤間 公子
教授/文学修士

日本女子大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程前期修了。
子どもの言葉と発達を専門とする言語聴覚士でもある。1998年より子どもの発達・学習研究所ユレーカ主宰(京都市)。

【所属学協会】

  • 日本特殊教育学会、日本LD学会、日本保育学会、小児保健協会

【主な業績】

  • 『ただ そこに いつもの場所に』・学術論文等
  • 「就労に必要なジェネリック スキルとSSTの考察」(その発達に偏りのある子どもたちとの長期的な関わりから
  • 「発達障害のある人の就労とレジリエンスについて」
  • 「保育者を目指す学生の文章作成力について」

【主な担当科目】

  • 保育内容演習(言葉)
  • 国語
  • 言語表現の基礎
  • 教育相談
  • 障害児保育Ⅰ
  • 保育実習指導ⅠA
  • 保育実習ⅠA(保育所)
  • 保育実践演習

佐藤幸子
幼児教育学科 准教授

日本女子大学で幼児教育、立命館大学大学院で地域福祉・家族関係を学ぶ。10年間、京都市児童館館長を経て、本年度から現職。

【専門分野】

  • 研究分野は子育て支援、子供を取り巻く社会環境、地域連携など。

【主な担当科目】

  • 保育実習指導ⅠB
  • 保育実習ⅠB(施設)
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 保育実習Ⅲ
  • 社会的養護
  • 家庭支援論
  • 児童家庭福祉
  • 相談援助
  • 家族福祉論

西川 晶子
専任講師/修士(人間科学)

早稲田大学大学院人間科学研究科前期博士課程修了。
心身障害児総合センター心理士、短期大学非常勤講師を経て現職。誰の中にもある子ども心を大切に考えている。

【所属学協会】

  • 日本発達心理学会
  • 日本保育学会
  • 乳幼児精神保健学会

【主な業績】

  • タッチケアにおける行動と母親の対児感情への影響(学術論文)
  • タッチケア行動の縦断的検討:乳児期の母子接触の考察 (学術論文)
  • 母子における抱きと抱きにくさに関する研究(その2)―母親の抱きに対する「意識」と抱きにくさに関する質問紙による分析―
  • 保育者の子どもの「体験」評価に関する調査(その1)

【主な担当科目】

  • 保育の心理学
  • 乳児保育
  • 臨床心理学
  • 保育実践演習 ほか

清水 幸子
専任講師/修士(教育学)

上越教育大学大学院学校教育研究科修了。
専門学校、大学での教職14年を経て現職。生涯スポーツ推進をテーマに幼児から高齢者までのスポーツライフをサポートする。

【所属学協会】

  • 日本生涯スポーツ学会
  • 日本体力医学会
  • 日本公衆衛生学会

【主な業績】

  • スノースポーツにおける安全対策について―スキーヤー、スノーボーダーの衝突分析―(学術論文)
  • Music Retrieval and Adjustment Technique to Support and Motivate Ergotherapy and Daily Exercies

【主な担当科目】

  • 保健体育
  • 生涯スポーツ
  • 保育内容演習(健康)
  • 幼児体育
  • 保育実践演習

五十嵐 紗織
助教/修士(教育学)

長野県東筑摩郡出身。信州大学大学院教育学研究科修了。
元高等学校家庭科教諭。上田女子短期大学非常勤講師を経て現職。研究分野は保育および環境教育、家庭科教育など。

【所属学協会】

  • 日本家庭教育学会

【主な業績】

  • 「家庭ごみ処理ゲーム」の教育的意義と可能性―参加型アクション志向学習を取り入れた環境教育の提案―(学術論文)
  • 幼児が語る家族・家庭生活―保育所における昼食場面の観察資料と保護者に対する質問紙調査をもとに―(学術論文)
  • 長野県高等学校における保育体験学習の現状と課題―実施状況と家庭主任の意識調査―(学術論文)

【主な担当科目】

  • 保育内容総論
  • 保育内容演習(環境)
  • 幼児理解
  • 保育実習指導ⅠA
  • 保育実践演習ほか

佐藤 雄紀
助教/修士(教育学)

東京学芸大学、東京学芸大学大学院、桐朋学園大学カレッジ・ディプロマ・コース修了。
中学、高校、専門、短大、大学の非常勤講師を経て現職。音楽現代新人賞受賞。主な研究テーマはピアノ演奏・教育。

【所属学協会】

  • 日本保育学会
  • 日本音楽教育学会
  • 全国大学音楽教育学会

【主な業績】

  • フランツ・リスト ピアノ・ソナタロ短調の演奏
  • 子どものピアノ構造理解における実践的考察-興味、学習態度の変化を中心に(学術論文)
  • 保育者養成校におけるピアノ上級者の表現力を養う指導-三善晃 海の日記帳より「波のアラベスク」の指導を実践例として-

【主な担当科目】

  • 音楽Ⅰ
  • 音楽Ⅱ
  • 音楽Ⅲ
  • 音楽Ⅳ
  • 保育実践演習ほか

辻 和希
助教/修士(教育学)

横浜市出身。早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程退学。同大学教育学部で助手として勤務したのち現職。
専門は教育哲学、道徳教育。

【専門分野】

  • 教育哲学、道徳教育

【所属学協会】

  • フランス教育学会

【主な業績】

  • 日本の伝統文化を重んじた中学校道徳教育の実践的研究
  • 道徳の授業によるいじめ問題の解決:文部科学省「道徳教育アーカイブ」の資料を通して探る小学校の道徳授業
  • エルヴェシウスの功利主義と道徳教育:『最高の法』の下でなされる利己的人間への道徳教育を目指して
  • 倫理を制限する正義:レヴィナスの「顔」の概念と正義の二面性

【主な担当科目】

  • 教育原理
  • 教育・保育課程論
  • 教育方法論
  • 教育実習
  • 教職実践演習(幼稚園)

豊永 誠

講師

石原 三妃

講師/博士(学術)

松村 哲也

講師/博士(農学)

臼田 由香里

講師/(文学修士)

川瀬 勝敏

講師

向山 れい子

講師

唐沢 史比古

講師

唐沢 流美子

講師

五味 なおみ

講師

原 葉子

講師

多田 庶弘

講師/博士(法学)

矢亀 尋美

講師

西路 優佳

講師/修士(教育学)

永井 知可子

講師/修士(教育学)

塩崎 正

講師/修士(教育学)